行政書士というのは、行政書士法に基づいている国家資格を取得している人です

行政書士というのはどのようなものなのでしょうか?

 

行政書士というのは、昭和26年2月22日に制定された行政書士法に基づいている国家資格を取得している人です。

 

行政書士は、依頼を他の人からを受けて報酬をもらっています。

 

行政書士の仕事は、役所に申請するために許認可等の書類を作成したり、役所に申請するための手続の代理を行ったり、遺言書等を作成したり、契約書等を作成したりすることです。

 

 

行政書士の資格を取得したい方はコチラ

 

 

 

福祉行政が最近は重視されているため、多くのことで住民と行政は関係が生じており、官公庁に住民等が書類を提出することが結果的に多くなってきています。

 

また、世の中が複雑で高度化するに伴って、書類を作成するための知識として高度なものが必要な場合も増えてきています。

 

 

 

このような背景から、官公庁に申請する書類等を行政書士が正しく、しかも早く作成することによって、住民が生活する上においていろいろな権利や利益が守られます。

 

また、行政側としても、申請された書類が正しく、しかも明確に記載されているため、効率良く事務処理を行うことができるということになります。

 

そのため、公共的な利益が確保されるということで、行政書士制度は非常に有益なもであると言われています。

 

行政書士の仕事は、他の人から頼まれた通りに書類を作成するという代書的なものから、いろいろ複雑なコンサルティングが含まれた許認可の手続きを行うものへと変わってきています。

 

そのため、高度な現在のような情報通信社会において、プロの行政手続きを行う人として住民から非常に期待されているのです。

 

 

 

 

行政書士の資格を取ろう